動画活用方法

3つの動画広告を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初めての動画マーケティング

はじめまして!株式会社パンチです。

テレビからPC、そしてスマホへ。
ユーザーの関心が移動していくなか、変わらず話題を提供してくれるのが動画です。

動画はお好きですか?私は好きです!

企業が作成するものから個人投稿まで、日々たくさんの動画が制作されています。
どれも創意工夫がなされ、魅力的なものが数多くありますよね。

そんな動画に関しまして、株式会社パンチを知っていただく意味でも、
このような記事をまとめてみました。

題して、

「3つの動画広告を解説!」

「自社製品をたくさんの人に利用してもらいたい。」
「新しいサービスを知ってもらいたい。」
「企業イメージをアップさせたい。」

このような事を考えた場合、動画はとても有効なコンテンツです。
資料やサンプルを持って、直接顔を合わせて気持ちを込めて紹介してもいいのですが、
どうしても時間と人手がかかってしまいますし、技術も必要になるでしょう。

動画を使えば、インターネットを通じて多くの人に見てもらうことができますし、
大勢の人が集まるイベント会場で、配置人数を超過してしまった場合でも動画がその代わりを果たしてくれます。

大雑把に言ってしまえば「動画マーケティング」は、動画を利用したマーケティング、ということなのです。

とはいえ、動画マーケティングも様々な種類があります。
知ってしまえば、「ああ、そういう名前なのか!」と思うことがほとんどだと思います。

これから動画マーケティングを導入したいと考えている場合、
知っていると導入しやすくなると思います。

まずは、色々なところで目にするWebに関連した動画マーケティングをご紹介いたします。

1・動画配信サイトで見かける、インストリーム広告

インストリーム広告とは、Youtubeなどの動画配信サイトで配信されている動画本編の前後、
または間に一定時間挿入される広告動画のことを指します。

Web上で配信されている動画を視聴したことがある人なら、一度は見たことがあるはずです。
テレビCMに似ているな、と思ったのは筆者だけでしょうか。
しかし、インストリーム広告はWebならではのテレビCMにはない特徴を備えています。

インストリーム広告の利点としては、
広告動画からクリックしてもらえれば、サイトへの誘引できる仕掛けを施すことが可能なことです。
商品サイトへの誘引が成功すれば、そこから購入してもらえる可能性が生まれます。

さらにユーザーの年齢、性別、好みなどに合わせて配信することも可能で、
見てもらいたい人に見てもらえる、というのも大きな利点なのではないでしょうか。

2・四角い顔の、インバナー動画広告

インバナー広告とは、バナー広告枠に配信される動画広告のことをさします。
バナー広告はマウスクリック、またはマウスオーバーなどのユーザーのアクションによって、
動画の展開またはサイトを表示してくれる広告枠のことです。

急に動画が流れ始め、びっくりしてマウスを動かしたら消えた。
そんなインバナー広告も過去にはありました。
基本的に音声はOFFになっているので、珍しいケースともいえますが。

そんなインバナー広告は、ユーザーのアクションによって視聴が開始されるのが特徴といえます。
先述のインストリーム広告では、ユーザーに合わせて配信するようになっているとはいえ、
他の動画を見る前後、または途中に配信が始まるのでユーザーによってはあまり好きではない方もいます。
マウスクリックなどの任意のアクションでスタートするインバナー広告は、
ユーザーライクであるとも考えられます。

3・スマホをスクロールしてる現れる、インリード動画広告

インリード動画広告はユーザーがWebページをスクロールし、動画広告が表示されると動画が再生されます。
インバナー広告と比較すると画面の占有率が高く、視認性が高いことが特徴です。

このように、一口に動画マーケティングといっても、様々な種類があります。
Webに限らなければ今回はご紹介していない、テレビCMもそうですし、電車内ビジョン広告も動画マーケティングです。

『目的にあった運用を考える』

そうはいっても、「種類はわかったけど、どれを選ぶのが正解なの?」というご意見もあると思います。
動画マーケティングにはそれぞれに利点があり、それぞれに苦手な部分があります。
ユーザーには見てもらえるけれども、正確に情報が伝わらなかったり、
本当に必要としているユーザーに伝わっていなかったりするかもしれません。

だからといって、動画マーケティング導入をあきらめる必要はないのです。

自社や自社製品、サービスを誰よりも深く理解し、愛しているのは間違いなくこの記事を読んでいるあなた自身のですから。

その理解や愛があれば、動画マーケティングの導入を検討する程度のことは、たいした問題ではありません。
目的をしっかりともち、きちんと利用していければマーケティングの幅はぐんと広がっていくはずです。
動画マーケティングはその手段の一つになるのです。

投稿者プロフィール

K.Mプロデューサー
株式会社パンチの映像プロデューサー。
2017年4月入社。
フラッシュアニメ―ションスタジオで活躍後、パンチ社に合流。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る